サポート

アップデート

MARUI v.3.0.2 2018/11/12
カメラビュー: 仮想空間でMayaの全てのカメラビューモードを使ってシーンをリアルタイムで見ることができるようになりました。
ジェスチャーウィジェットカスタマイズ: 「ボタンA+左へスワイプジェスチャー」や「ボタンX+サークルを描くジェスチャー」などのジェスチャーカスタマイズが無限にできるようになりました。
パフォマンスガイド: MARUIを使用する際のベストなフレームレートを設定するための6ページに及ぶPDFファイルが追加されました。

チュートリアル動画

ステップアップをサポートするチュートリアル動画を多数用意しています。
うまく活用してスイッチングコストを最小限にしましょう。

MARUI ドキュメンテーション

MARUIの全機能詳細に関しては、こちらのドキュメンテションをご参照ください。

Q & A

MARUI自体は、使用するハードウェアのスペックの高さは要求しませんが、Mayaのシーンによって必要なPCスペックは変わってきます。
あなたの開きたいシーンが、お使いのPCの性能で十分かどうかはMayaのフレームレートディスプレイを有効にすることで確認することができます。(Display > Heads Up Display > Frame Rate)
カメラを動かしビューポートの下部分のフレームレートを確認してください。
120fps 以上である場合、シーンはVRでスムーズに表示させることができます。(60fps per eye)
60fps120fpsである場合、ジッターが発生する可能性があります。(30fps per eye)
60fps未満の場合はVRでのシーンの表示はお勧めしません。
パフォーマンス向上のために、ジオメトリを部分的に非表示にするか、あるいはワイヤーフレームディスプレイに切り替えてお試しください。

私たちはPayPalを支払いサービスとして採用しています。PayPalがユーザーの個人情報と支払い情報を管理するため、過払いや情報漏洩の心配はありません。
弊社から、お客様のカード情報を参照することはできませんので情報の紛失や書き換えは一切できません。

日本語・英語・ドイツ語で対応することが可能です。お問い合わせはsupport@marui-plugin.comまで。

※テクニカルサポートに関しては、Premiumプランにてサポートの保証がされています。

ライセンス契約をキャンセルする場合はPayPalアカウントにて、いつでも行うことが可能です。
Payments > Manage pre-approved payments > 株式会社MARUI-PlugIn

キャンセル後も、当初の契約期間内であればライセンスは有効ですので、ご利用いただけます。

MARUIは学生の皆様および学術機関にお勤めの皆様に無償で教育向けライセンスの提供を行っております。
申請は、support@marui-plugin.comまでご連絡ください。
※教育向けライセンスは商用利用は対象外です。

操作方法やその他機能に関するチュートリアルに関しては弊社のYoutubeチャンネルに多数動画をUPしておりますのでご覧ください。

メールマガジン

MARUIユーザーの皆さまには毎月、新機能や効率化に役に立つ情報を配信しています。
逃した情報を確認して、MARUIをマスターしましょう。